蛍の光 窓の雪 (ほたるのひかり まどのゆき)

書読む月日 重ねつつ(ふみよむつきひ かさねつつ)

いつしか年も すぎの戸を(いつしかとしも すぎのとを)

開けてぞ今朝は 別れゆく(あけてぞけさは わかれゆく)

 

とまるも行くも 限りとて(とまるもゆくも かぎりとて)

互みに思う 千万の(かたみにおもう ちよろずの)

心のはしを ひとことに(こころのはしをひとことに)

幸くとばかり 歌うなり(さきくとばかり うとうなり)

 

筑紫の極み 陸の奥(つくしのきわみ みちのおく)

海山遠く 隔つとも(うみやまとおく へだつとも)

其の眞心は 隔て無く(そのまごころは へだてなく)

壱えに尽くせ 國の為(ひとえにつくせ くにのため)

 

千島の奥も 沖縄も(ちしまのおくも おきなわも)

八洲の内の 守りなり(やしまのうちの まもりなり)

至らむ國に 勲しく(いたらんくにに いさおしく)

努めよ我が背 恙無く(つとめよわがせ つつがなく)

(現代かな遣いによる読み方)